<< 観た映画(2007年) | main | さくらん >>

スポンサーサイト

  • 2008.12.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


怪談

ジャンル的にはホラーですが、あまり怖くなかったです。
愛憎入り混じった女の激しい情念・嫉妬・怨念の怖さを描く作品なのだけれど、
一番重要なその部分の描写が弱く、ちょっと中途半端に感じました。

短い時間にいろいろ詰め込んだせいか(一人の色男が何人もの女性に愛される話なのです)
主役二人の愛憎関係に至る過程の描写がちょっと物足りないんです。
あとは、豊志賀の黒木瞳の演技かなー。
見かけは美しいのですが、どろどろした感情が浅いというか、なんだか表面的というか・・・。

他の俳優さんは良かったです。
木村多江、麻生久美子は幸が薄い役が本当にお似合いで、はまっていました。
一番好きだったのは、瀬戸朝香。かっこいい!
新吉役の尾上菊之助は造作が美しく、色香があるかも、と思ったものの
この絢爛豪華な女優陣に骨の髄まで愛される“美しい”色男って言われると
うーんって感じ。ちょっとぽっちゃりしてる?

美術と衣装がとても綺麗で、世界観は結構好きでした。
美しくて旬の女優さんばかり出ていて、目の保養にもなりました。
エンディングのあゆの曲だけはゆるせません。なぜ故これが選ばれたのか・・・

スポンサーサイト

  • 2008.12.01 Monday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
CLOCK
プーペ
ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」
radiohead
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM