<< コレラの時代の愛 | main | 僕らのミライへ逆回転 >>

スポンサーサイト

  • 2008.12.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


American Teen/アメリカン・ティーン

 ドキュメンタリーを観るのは久しぶりです。ドキュメンタリーは食わず嫌いだったのかな?と思うくらい気に入りました!意外な喜びの多い作品。

昔から私が見ていたアメリカの若者たちは別世界だったはず。ビバヒルはセレブすぎて生活感0だし、8Mileやレントの刺激的な世界もやっぱり遠 い感じ。でもこの作品はそういう派手で刺激的なシチュエーションが一切ないんです。ドラッグもセックスも派手な恋愛も暴力も一切なし!

主に撮られているのは、グループも雰囲気も性格も全然違う5人の男女。エピソードやが刺激的ではない分、登場人物の内面がとても良く伝わりました。びっくりするくらい普遍的で純粋。そしてまじめ。日本人でもたくさんの人が自身に重ね合わせることができそうです。

理想の自分にはなれない葛藤、挫折
はたからは分からないプレッシャー
(もうその年頃ではないからこそ分かる)身勝手さ、視野の狭さ、素直さ
卒業しさえすれば、入学しさえすればなんにでもなれるような気がしていたあの気分

いやぁ本当、根本は変わらないんだなぁ。この映画を観た後なら、きっと親ほど年齢が違う人と話しても共感しあえるような気がします。でもやっぱり渦中の人にはわかりづらいんだろうな。現役高校生以上にオススメの映画です。

スポンサーサイト

  • 2008.12.01 Monday
  • -
  • 01:14
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
American Teen/アメリカン・ティーン
アメリカの素の高校生たちを追うあなどれないドキュメンタリーだ。インディアナ州の5人の男女を10ヶ月間にわたって記録する。登場するのは、オタクやイケメン、女王様タイプなど。悩んだり夢みたり意地悪したりヘコんだりと、10代の何でもない生活全てが等身大。カメラ
  • 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評
  • 2008/10/18 10:57 PM
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
CLOCK
プーペ
ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」
radiohead
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM