<< X-MEN:ファイナルディシジョン | main | 幸せのちから >>

スポンサーサイト

  • 2008.12.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


エラゴン 遺志を継ぐ者

アヴリル・ラビーンの主題歌とポスターのビジュアル(アーリアの剣の持ち方とか)が
ゲーム風に見えて、「もしやロールプレイングゲーム系?」「もしやつまらない?」
という第一印象。

思っていたよりは良いかもしれない(第一印象が悪すぎた?)
夢と冒険が詰まったファンタジーの世界を具現化しているし、
映像も迫力があったし、美しい。
でも、大人&小説のファンが観る映画としては正直いまいちかも。
人物描写がちょっと浅い。
アーリアなんて「私はエルフ族の女王」的なことを言わされているし!
(渡鬼じゃないんだから、台詞で説明させてはだめだよ!)
キャラの心情や説明をパンフレットの説明が補っている感じも少ししました。

きっといろいろとはしょられてしまっているんだろうな。
かと言って長すぎると中だるみするだろうし・・・難しい。
原作が長いファンタジーがこうなってしまうのは宿命?
原作を読みたくなる作品でした。

スポンサーサイト

  • 2008.12.01 Monday
  • -
  • 01:54
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
エラゴン 遺志を継ぐ者・・・・・評価額1350円
世界的な、ベストセラーファンタジー小説の映画化・・・。 原作は未読なのだが、所謂古典ではなく、最近のファンタジーブームに乗った作品の...
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2008/03/20 11:00 PM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
CLOCK
プーペ
ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」
radiohead
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM